看護師のみなさま、いつもお疲れさまです!登別の病院で出会ったモンスター患者

今朝から頭が痛い。寒気がする。なんだか熱も上がってきた。38.7℃!!!
ということで、いつもの家の近くのの登別にある内科クリニックで診てもらうことにした。

おっと、なんだこの混雑ぶりは。。。
インフルエンザの流行ってる時期だからなのか、ものすごく混んでいる。
この時期に高熱があるということで、別室で診察の順番を待つように言われた。
早く診察してもらえるといいなあなんて考えながら、もうかれこれ30分以上待っている。
ああ、頭が痛い。。。辛い。。。

「こら、この藪医者が~!!俺のこと他の病院に紹介したら許さんからな!!死ぬまで最後まで責任持って診ろよ!!俺が先に死ぬか、あんたが先に死ぬかだ!!」

えっ、今の何?
頭にがんがん響くんですけど。
藪医者って何ですか?
このクリニックの先生が藪医者だというのですか?

いやいや、そんな訳はない。
近所でも評判の腕のいい先生だ。
私の家族もみんなこの先生に診てもらっていて、とても信頼している。

看護師のヒソヒソ話が聞こえてきた。
「あの患者さん、いつもあんなに怒鳴り散らして。嫌ね。他の病院の専門の先生を紹介してくれる先生がいい医者だっていうことが分からないのかしら。」

なるほど、いつもこんな調子で大声でわめき立てる患者さんっていうのが本当にいるのですね。
あ~、ますます頭痛いわ、あのおっさんのせいで。
何が気に入らないか私には分からないが、病院で大声出すのは勘弁してほしい。
みんなどこかしら体調が悪くて来ているんだから。
あ~、気分悪い。

ガシャンッ!!!
診察室のドアが激しく閉められた。

「あ~あ、藪医者だな~!!!」
人であふれかえっている待合室の方に向かって、さっきのおっさんが大きな声で叫んだようだ。

次が私の番だったようで、間もなく診察室に呼ばれた。
先生はさすが、プロ。
あんな患者のことなど何も気にしていないように、いつも通り穏やかだった。

時期的にインフルエンザかもということで検査をしたが、結果陰性だった。
インフルエンザじゃなくてよかったー。

処方箋をもらい、隣の調剤薬局に行った。

うわっ、またなんだか騒いでるおっさんがいる。
さっきの声だ。さっき、この藪医者が~ってわめいてたおっさんだ。まだ居たんだ。

今度は薬局の受付のお姉さんに絡んでいる。
「おまえ、俺に対してなんで何にも話し掛けてこないんだよー!!おまえ、かわいくないんだよー!!」

いやいや、ここの受付のお姉さん、かわいいんですけど。
いつもニコニコしてて、みんなに親切で。
あのおっさん、キャバクラか何かと勘違いしてる。
お姉さんのこと助けてあげたいけど助けられない自分がもどかしい。

自分の体調のことよりも、医療機関で働くって、こんなモンスター患者も相手にしなくてはならないんだなーと思って、気の毒になってきた。
私にはこんなの相手にするのは到底無理だ。
姉も看護師求人登別で看護師として働いていますが、医療機関で働く皆様、本当に心の底からお疲れ様です。

汚い妊娠線ができたことに大後悔!痩せていてもケアは必ず必要です

私が妊娠してから一番ショックだったことのひとつは、妊娠線です。
もともとやせ型だった私は、妊娠してからもしばらくは妊婦と気づかれないほどスタイルを維持していました。
妊娠線は、お腹が大きくなって皮膚が伸びることによりできると聞いていたので、あまり太らなかった私は、正直安心していました。

しかし、変化が現れたのは妊娠後期に入ってからです。
それまで後ろから見ると妊婦とは分からなかったスリムな私のお腹は突然大きくなり、歩くのも大変になりました。
どう見ても妊婦という感じです。
それでも、足などの他の部分は痩せていたし、他の人と比べてもスリムな方だったので、まだあまり気にしていませんでした。
お腹をよく観察したけれど、妊娠線らしきものは、どこにも見当たりませんでした。

そして、それからまた1か月ほど経つと、ついに臨月にさしかかり、本当にお腹が大きくなりました。
寝返りを打つのも苦しいし、汗が噴き出して来て、昼間のウォーキングなどはほとんどできなくなってしまいました。
ゴロゴロしている日が増え、あまり見た目をかまう気力もしなくなってしまいまいした。
そんなある日、風呂上りに何気なく鏡を覗き込んだ私は、つい声をあげてしまいました。

なんと、恐れていたことが!
くっきりとお腹に妊娠線ができていました。
赤黒くてはっきりと目立つ生々しい筋が何本も。
見た時には、かなりショックな感じです。
想像以上にくっきり、ちょっと気持ち悪かったからです。
そして、後悔しました。妊娠線のケアをしていなかったことを。

このように、妊娠線はやせ型の人でもできますし、むしろ皮膚の伸びが激しくなるため、できやすいとさえ言われています。
そして怖いことには、徐々にではなく、本当にある日急に発症するので、やっかいなのです。
私の周りにも、臨月になり突然できてしまったという人が何人かいます。

ですから、やせ型の人でも油断は禁物。妊娠中期~後期に入った頃には、妊娠線予防クリームによるマッサージなどで、予防することが大切だと思います。
私もちゃんとこのクリームを用意していたのに、、。
⇒⇒⇒【妊娠線汚い】
油断した結果がこのとおりです。
出来てしまったものは仕方がないので、これからはお腹をキレイにすることを目標にケアしようと思います。

なぜかイケメンだらけのコープの配達員さん!

生協に加入していたことがきっかけで、個人宅配も利用しています。
勿論、地元の生協も利用しながらですが、私が仕事と家事と育児に追われる日々のため、食材を運んできてもらうのは本当に助かります。
また、ティッシュなどのかさばるものを、子供を抱えて車に戻るのは大変ですが、これも食材と一緒に頼めて便利です。
しかも、生協のトイレットペーパーは再生紙なのに柔らかくて使い心地のよさも気にいっているため、他が安くてたまに買ってしまうと、やっぱり生協のがいいと思ってしまいます。

あと、配達員さんがみなさん若くてイケメンです。(笑)
私は週2回、地元生協さんと県の生協さんとを利用していますが、どれだけ人が代わってもみんな不思議とハンサムなので、生協さんって本当にイケメンさんしか雇わないの?と思ってしまいます。
きっとそんなことはないのでしょうけど、みなさんとても対応が紳士的ですし、親しみのある話し方をされる方ばかりなので、そう見えてしまうのかもしれません。
そのため、つい品物をアピールされると購入してしまうことも多いです。

お店の方も、小さな子を連れていると話しかけてくれて、他のスーパーと比べてお店の規模はないですが、アットホームな雰囲気がとてもグッドです!
また、お店に設置されているRO水が私の肌にもいいので、宅配を利用していても週に2度は通ってしまいます。

ところで、私が生協さんで気に入っていて毎週決まって届けてもらうものが、冷凍のミンチがパラパラでとっても使いやすい冷凍ミンチと、豆乳入りのパンです。
どちらもリピートさんの多い食材や美味しいパンで、孫もおじいさんも食べやすく、家族の人気の商品です。

また、バレンタインやクリスマスのイベント期には、生協のカタログから安いものから高い物まで選べてお店の混雑を避けて購入できるのも嬉しいです。
そういう時でなくても、毎週頂くカタログには衣服や雑貨も掲載されていて、見るだけでも楽しみです。
子育て中の方やお仕事で忙しい方にとって、コープの宅配はとても重宝すると思います!
ぜひ、コープデリ加入をご検討してみてはいかがでしょうか?

一時保育はもう利用しない!ヨシケイだけで乗り切ります

子供がいても親が病気になったり、あるいは二人目を妊娠していて急に入院になったり、不測の事態が起きることがあります。
そういう時のためにある緊急一時保育。
行政のサイトでは「保護者の病気・仕事などで、緊急に子どもを預けなければならなくなった時、保育所で一時的にお預かりすることが可能です。夜間や宿泊も含めて24時間365日対応しますので、ご相談ください」とあります。
この文言を見て安心する親もいることでしょう。

しかし、実情はまったく預かってもらえません!
「いざという時に対応します」と書いてありながら、役所の保育支援の課に電話すると「直接、保育園に電話して下さい」
それじゃ……と保育園に電話すると「うちは通園している子以外の緊急一時保育は受け付けてません」「定員がございますので、突然言われても困ります。せめて十日前には連絡いただかないと」「保育園も手が足りないので直接電話しないでください。きちんと役所を通してください」など、・・・。
24時間365日対応しますという名目とは真逆の対応ばかり!
また、役所は保育園に直接連絡しろというのに、保育園のほうは電話されるのが迷惑という態度のところも多いです。

あまりにたらいまわし、かつ連絡してもどこも入れてくれなくて、結局あきらめるというひとも多いとのこと。
ある市では緊急一時保育にも関わらず、緊急一時保育の登録として『事前に健康診断を受け、それを一時保育して欲しい保育園に提出。役所と保育園の両方で手続き。郵送などの受け付けはしていないので、平日の午後5時までに直接来て、さらに親子一緒に面談を受けること』など規定があるようです。
仕事をしている女性には、まず、登録をすることすら無理な状況にあります。

さらにひどいのが最近の『自己責任論』です。
「母親のくせに計画性が無い」「父親はなぜ仕事を休ませないのか」「預かれる親や親戚、あるいは友人を用意しておかないほうが悪い」「ベビーシッターやファミリーサポートを先に登録しないのが問題」など、なぜか「24時間365日預かりますと書きながら、現実的にはまったく預からない行政と保育園」を問題にせず、親の自己責任と批判する人たちが増えています。

夫の職場が子育てに理解があり、子供の面倒を見られる祖父母が健在で、ベビーシッターなどを雇えるお金があり、あらゆる子育てサービスに詳しい情報強者でないとが母親になってはいけないのでしょうか。
私はもう一時保育に頼るのはやめました。
その代わりといってはなんですが、家事だけでもこんなときは助けてもらおう!と思い、こちらのサイトを参考にして【子育て中ヨシケイ】、早速ヨシケイに登録しました。

ヨシケイを利用するようになってからは、子供の面倒に集中できるようになったのは本当に有難いことです。

あまりに母親に厳しい世界だと思います。

新しい病院にコンビニが設置されたが

私の住んでいる地方には、大きな総合病院が3つとその付属の健診センターがあります。

その3つともが、ここ10年ぐらいの間に、郊外に巨大な建物を建てて移転しました。移転にともない、病院の受診のしかた等、いろいろの面で変化が見られました。
その変化のひとつに、病院の売店があります。3つの病院のうち、私は2つしか行っていないのですが、その2つともに、売店としてコンビニが設置されたのです。

従来の病院の売店というと、建物の隅っこに販売棚が設けられ、病院勤めのおばちゃんが狭苦しいレジで客に対応している、というのが私のイメージでした。
それがコンビニになった――それも、日本で最大手のコンビニになった、ということで、売り場は格段に明るい雰囲気となり、品ぞろえも豊富になって良かったのですが……。
ただし、なんとも狭いのです。

店自体が狭く、そこにぎっしりと多種多様の商品が並べられているせいで、通路は人ひとりがやっと通れるぐらいしかありません。お昼時など、客が多い時間帯は、かなりのストレスを感じそうです。
前記の通り、私が行った病院は2つだけですので、たまたま狭く作ってしまった、ということかもしれません。
が、もし、病院のコンビニとはどこも狭いものだ、というような法則が見られるのならば、という仮定で、その理由を考えてみました。
理由その1。
売り場面積が大きいと、コンビニが病院に対して払う家賃が高くなるため、コンビニの側が面積を小さくしてくれるよう、病院に要望した。
理由その2。
売店なんて病院にとっちゃカスみたいなもんだ、というような蔑視感覚が病院側にあるせいで、新しい建物を設計する段階で、売店の面積が小さく抑えられてしまった。そこに入ることになったコンビニのほうでは、狭い店内でできる範囲の品ぞろえをしている。

唯一、付属の健診センターだけは広々した売り場面積のコンビニです。
お昼時にはたくさんのナースやドクターが昼食を買いに来てます。これはかななり職場環境がよさそうだろうな・・・
と思っていたのですが、掲示板には<看護師 求人 健診センター>の張り紙がありました。
どうも健診センターの業務は忙しい上に単調で離職率が高いみたいですね。

どうでしょうかね。どちらも想像にすぎないのですが、あながち当たらずとも遠からず、ではないかと思うのですが。
さて、この小さなコンビニですが、それでもしっかりとレジ横コーヒーが準備されていてうれしいです。
ただ、買ったコーヒーをゆっくりと飲むような席が、病院のどこにも設けられていない、というのがさびしいです。

少しだけれどやっと生活が少し楽になった

節約
元々、生活苦というほどではありませんが、子供を二人育てていると以前は幼稚園代、現在は塾代などに毎月かなりたくさんのお金がかかり、赤字になることはなくてもぎりぎりの生活な時もあり、このままの状態で大丈夫なのかと不安を持っていました。

昨年、主人の会社の方の紹介で金利が安い銀行への住宅ローンの借り換えを進められ、全て支払いが終わる頃には600万円ほどの差ができるとわかったので手続きをして初めて住宅ローンの借り換えを行うことにしました。数か月待ちましたが無事に審査が通り、一ヵ月の支払いが2万円以上、安くなったので家計的にはかなり楽になりました。

下の子供が幼稚園を卒園し少し余裕ができるかと思っていましたが、上の子の塾代は高額で毎月かななり支払うのは大変ですが、私が自宅でパソコンを使ってできる仕事を始めたので私が働いた分のお金を上の子供の塾代にあてることにしました。月に3万円弱の稼ぎですが、塾代には足りず何とか色々な部分を節約し必要な物だけを買う生活を徹底させてみると、一年前まではぎりぎりの生活でしたが現在は毎月貯金が数万円できるくらいの余裕ができ、やっと給料日までお金が足りるかわからない、足りなかったらどうしようと悩む生活ではなくなりました。

あまり気にせず購入していましたが、ネットでの買い物は便利なのでどうせ購入するならと必要かはわからないものまで買うことが多かったのですが、日用品などを購入する時も必要な物だけ買うことを徹底し同じように買い物に行っても絶対に必要な物だけを購入する生活に切り替えたら、お給料日前でもお金が足りないことがなくネットで買い物した物のカードの支払い請求額を見てもびっくりするほど高いことはなくなりました。

お金の余裕ができたからと言って贅沢することは考えていませんが、お金がない、足りないかも、と思わないだけでも気持ちに余裕ができ、自分自身の余裕にも繋がりストレスが軽減したので、これからもお金の心配がない生活を続けてできるのならばさらに潤わせていきたいです。